もらってうれしいギフトについて書いています

相続登記は自分でやると大変

[ 2015-09-25 15:23:46 ]

相続登記は松戸の「高島司法書士事務所」にお任せ

高島司法書士事務所

不動産の所有者が亡くなった場合、遺族に不動産が相続されます。しかし「相続登記」という手続きをして、その不動産の名義を相続人に変更しなければ、売却したり、担保にしたりといったことができないのです。

相続登記には期限がないので、いつまでも放置しておくことも可能です。しかし先述したとおり、名義変更しない限り売却などができないので、相続登記は早めに行ったほうがよいでしょう。

しかし、いざ自分で行うとなると、恐ろしく大変な作業になります。まず被相続人が生まれてから死ぬまでの戸籍謄本を集め、相続人全員で遺産分割協議書を作成して署名・押印し、固定資産評価証明書を取り、登記申請書を作成して法務局に提出します。その間、法務局に何度も何度も通うことになります。

こういった作業を代理してくれるのが、司法書士の先生です。千葉県松戸市の高島司法書士事務所は、遺産相続や不動産登記を得意とする司法書士事務所。自分でやろうとすると大変な相続登記の手続きも、スマートに代行してくれます。

松戸駅から徒歩1分、平日夜間や土日の相談も可能な、高島司法書士事務所に相談してみてください。